西洋文化も取り入れられた最近のお墓事情

故人を埋葬する場所であるお墓は、石の素材、形状、彫刻する文字など、デザイン面でもさまざま決めることができるので、故人や遺族の意思を反映したデザインを選ぶことができます。

日本での一般的なデザインと言えば、縦長の形状のデザインが定番で、日本でも一番多く見かける和型と呼ばれる形状です。

東京の樹木葬の検索がとっても楽になりました。

昔から伝わる日本の伝統的な形です。
日本の風習を大切にする家系や、どのようなものしたらいいか迷ったり、形にこだわりを持たない人によく選ばれる定番のスタイルです。

家の名前が彫刻されるのもこの和型のタイプです。

宮崎の葬儀の情報サイトはこちらです。

最近では、西洋の感覚もとりいれられ、背の低い、洋型タイプのお墓も人気となってきています。

西洋の価値観が、日本の文化にも織り交ぜられてきているのです。

千葉周辺の永代供養墓を情報を幅広くご活用下さい。

洋型タイプの彫刻は、家の名前を入れる伝統的な彫刻はもちろん、夢や、感謝、心などの自分のお気に入りの文字や詩などを入れられることもあり、新しいスタイルの一つとなっています。

生前に、故人が好きな言葉を彫ったお墓を自分で立てることも多くなっているのです。
最近のトレンドである西洋スタイルのお墓は、設置されている場所にも特徴があります。
日本では個々に外柵があり、区切られていて静かな場所につくられます。
静粛な神聖な雰囲気の中につくられています。

三重の葬儀情報を検索しましょう。

一方、広い芝生の敷地に設置されるガーデン墓地が西洋スタイルの特徴で、日本とは対照的に明るいイメージが持てます。

気になる戸塚区 葬式の情報を掲載しています。

最近では、日本と外国の人との国際結婚も増えているので、和洋折衷されたタイプはこれからも需要が伸びるでしょう。


http://matome.naver.jp/odai/2145810389305874801/2145810452206206603
http://okwave.jp/qa/q2700678.html
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000NYMWD